かなえ実績 女性の力で日本再建!

「造血幹細胞移植推進法」制定に尽力~さい帯血からi PS 細胞~

造血幹細胞移植推進法成立によって、さい帯血を研究目的で利用できるようになりました。さい帯血はお母さんと赤ちゃんをつなぐへその緒や胎盤の中に含まれ る血液のことで、白血病などの血液難病の方々に移植するために公的バンク(全国8カ所)で保存されています。そのなかで、細胞数が小さくて移植に適さない ものなどは処分されます。これを患者さんのために使わせてもらいたいというのが、山中伸弥京大教授の思いでした。

公明党は2011年5月に山本かなえを座長とする「さい帯血法整備推進プロジェクトチーム」を設置。法案策定の段階から推進法(議員立法)成立へ中心的な役割を果たしてきました。命を守る公明党の闘いが、最先端の研究医療にも役立っています。
 


女性の視点からの防災対策を推進

東日本大震災――。多くの被災者が、長期間に渡って避難所生活を余儀なくされています。その中で「トイレが男女別になっていない」「着替える場所がない」 「間仕切りがない」等々避難所で暮らす女性から切実な声が届きました。避難所運営に、女性の視点 が欠けていました。そこで2011年10月公明党地方議員とともに658自治体で「防災行政総点検」を実施。これを受け、女性の視点 を反映した「災害対策基本法」改正され、地方防災会議に、女性委員の登用が推進されました。
 


「被災者支援システム」の導入を促進

阪神・淡路大震災の教訓を踏まえ、被災者証明の発行など震災関連業務を円滑に行うために兵庫県西宮市で開発された被災者支援システムの導入を、地方議員と連携し促進しています。
 


学校の耐震化・防災強化

初当選以来、取り組んできた学校耐震化は、2015 年までに完全実施の道筋を付けました。地域の防災拠点となる学校施設の防災機能強化も推進しています。
 


通学路の安全対策を強化

公明党通学路の安全対策プロジェクトチーム座長として、「緊急安全総点検」の結果を政府に申し入れました。安全体制の見直しに全力を注いでいます。
 


DV(配偶者等からの暴力)防止法改正を実現

DV防止法成立後、2度の改正を実現、現在は党「ストーカー規正法等検討プロジェクトチーム」を立ち上げ、被害者を守るための13年ぶりの法改正にむけ活動中です。
 


読み書きの困難な子どもたちへデイジー教科書を推進

読み書きに困難を抱える子供たちのため、教科書をパソコンなどを通して音声や文字で学べる「デイジー教科書」の利用を推進しました。
 


女性を全力で応援 

・女性専用車両の普及

女性専用車両の普及を推進し、現在全国31事業者82路線に。

・マタニティマークの推進

周囲に妊婦への配慮を促すマークを9割以上の自治体で配布。

・不育症支援が前進

治療のためのヘパリン注射に保険適用を実現。相談窓口も開設しました。  など多数。

 


山本かなえ ビジョン2013

女性の力で、日本再建!~命を守る。未来をつくる。~

ビジョンⅠ だれもが輝く社会へ ~みんなが働ける制度を~

① 子育て世代が活躍できる環境を
待機児童解消へ保育所等の整備とニーズに合った制度改革を進めます。
② 仕事と生活の両立を支援
 男女共に多様な生活スタイルにあわせて働ける制度をつくります。
③ 女性・若者のチャレンジを応援
女性や若者の就職・転職や起業などを全力でサポートします。

※かなえチャレンジ1
あらゆる分野で女性が活躍することが、日本を元気にします!そのための環境づくりを進めます
 


ビジョンⅡ 実感できる景気回復へ ~着実な経済再生を~

① 防災・減災ニューディールを推進
新しい雇用の創出で経済の立て直しを実現します。
② 日本の強みを海外に
防災や医療・医薬、省エネ・再エネ、農業の国際競争力を高めます。
③ 中小・零細企業が元気に
資金繰りや事業再生、商店街振興などを支援します。

※かなえチャレンジ2
我が国の優れた防災システム・技術などを海外に輸出し、国際貢献、経済活性化につなげます
 


ビジョンⅢ 新しい福祉の実現へ ~くらしに安全・安心を~

① 安心の社会保障制度の再構築
社会保障と税の一体改革をやり遂げます。
② 地域で支え合う「共助」の仕組みを
生活困窮者を地域で支え合う制度を創設します。
③ 民間の力をもっと活用
新しい福祉を担う「社会的企業」の起業や人材育成等を支援します。

※かなえチャレンジ3
コミュニティーソーシャルワーカー配置事業などにより、生活困窮者の自立支援策を全国展開します